自然の摂理でひも解くマインドケア・ナビゲート。

 

空と雲のメソッドについて


自然の摂理にしたがって、精神性と、この世界で生きる現実の知恵とのバランスをとることを目指した方法論を「空と雲のメソッド」と名づけました。

 空に雲が流れるように、とても普通で自然な生き方、感じ方があります。本来の穏やかな心と体の状態を呼び戻し、日ごろ、多くの方が抱えるさまざまな問題や疑問をシェアしながらクリアする方法をお伝えします。自身のマインドを自らケアすることは、心の主導権を回復させ、誰もが持っている豊かさと幸せを受け取る能力を思い出させます。

人は、何度も忘れ、何度も繰り返し、何度も落ち込んでは自己嫌悪します。

そんなとき、自然と空を見上げることができるようになればメソッドは完成です。

 

マインドケア・ナビゲートとは


マインドは、心、精神、意識のことです。

相談者の方にはマインドフルな状態で、空と雲のメソッドの心である自然の摂理から問題をひも解くナビゲートをさせていただきます。

マインドフル(=mindful)とは、心(=mind)が満ちた(=ful)という意味で、心が満ちた状態でのケアを目指す言葉です。第三者に依存しない方法論は、日々の生活の中、実践することで確実に自分のものとなっていきます。

 

自然の摂理で感じ、ひも解く


空に雲、春に花。自然は森羅万象の中でなんの努力も奮闘もなしに、ただあるがままに存在します。私たち人間もそんな自然の一部であり、本来ならば摂理から祝福を受け、あるがままの生をまっとうしていく存在であるはずなのです。しかし、現代社会においては物質主義的価値観が重視され、あるがままに生きようとすると苦しく感じられることがあります。

大半の人がたくましく生きているこの社会で「なぜ自分だけがこんなに苦しいのだろう」と思い悩む人たちはとても多く存在します。

社会にとっての当たり前や普通のことが、自分にとっては「自然」ではないことに気づく必要があります。頭で考えることをやめ、体全体で感じる自然の摂理に則った生き方を始めると、本来の自分の姿を取り戻すことができるようになります。

応えのある場所へ。


人は誰もが「自分のことは、自分が一番よく知って」います。しかしたくさんの言い訳やしがらみに縛られて、自分の知っていること、感じていることが分からなくなってしまいました。それを思い出すのに脳(思考)は役に立ちません。マインドフルな場所へ意識をフォーカス(焦点)させることが、思い出す鍵となります。応えのある場所は常に自分の裡側。物事を俯瞰できる場所からの発見が“気づき”です。自分のことを誰に尋ねることなく、感じたことを信頼する。人のもつ本来の能力であり、自分自身の最高の在りかた。空と雲のメソッドは、それを思い出すためのツール(方法論)です。気づいた人は、何も必要としない叡智を持つ強い人となります。